糖化で起こる肌・髪トラブル

 「肌のしみ」 

抗糖化としみこれまで、糖化とシミの関係について、言及されている研究者はあまり存在しませんでしたが、糖化とシミの関係についての研究結果が2015年2月4日にロート製薬から発表されました。(→ロート製薬のプレスリリース:『表皮細胞』の糖化がシミの発生に関係する可能性を解明より)

ロート製薬は製薬会社として、糖化に関する研究を重ねてきた実績があり、また、ロート製薬会社の「エピステーム(episteme)」は、「糖化」に着目したスキンケアブランドのパイオニアであり、糖化研究に関しては、私が最も信頼している会社です。

そして今回、同研究所で行われていた「肌の糖化に関する研究」において、表皮細胞の糖化がシミの発生に関係する可能性を解明。糖化した角層ではメラニン生成を引き起こすサイトカインが増えることを確認したそうです。糖化は、たんぱく質に糖が結合する現象のことで、血管で糖化が発生すると、毛細血管障害が起こり、また、肌の真皮ではコラーゲンの糖化により線維が固くなり、肌のハリや弾力の低下を引き起こすなど、肌老化の原因の一つになると考えられています。 これまで、紫外線がサイトカインを増加させることがシミの原因になることは知られていましたが、今回の研究結果によって、細胞の糖化もシミの発生に関与する可能性が初めて示唆されました。つまり、糖化を防ぐことができれば、肌の透明感やハリ・弾力、保湿維持のみならず、シミの予防にもつながる可能性が高いというわけです。ロート製薬では今後、糖化した細胞のサイトカイン産生メカニズムの追求を行うとともに、糖化に着目した抗老化化粧品の開発に研究結果を応用していきたいと考えていると言及。多くの女性にとって朗報となりそうです。

「肌の乾燥・くすみ」についてはこちら

糖化を防ぐための注目コンテンツ

抗糖化成分の桜の花エキス配合抗糖化ローション

桜の花エキスには繊維芽細胞の糖化を抑制し、真皮細胞マトリックス中のコラーゲンと繊維芽細胞の絡みつきを正常に保つ働きがあることが示唆されたそうです。この「糖化対策化粧水 抗糖花ローション にはその抗糖化成分の桜の花エキスが配合され、さらに抗酸化のヨモギエキス、ノーベル賞受賞成分のフラーレン・EGFを配合しています。 そのほかリピジュア、ヒアルロン酸、αアルブチンなど、肌の乾燥やくすみに着目した成分もたっぷり配合しているようです。まだまだ、抗糖化メインの化粧品って少ないので、まさに糖化に着目してつくられたこのローションは糖化が気になる人にはぴったりです。

ロート製薬で糖化研究を通して生まれた化粧品
「エピステーム(episteme)トリートメントクリアローション」

ロート製薬会社の「エピステーム(episteme)」は、「糖化」に着目した、スキンケアブランドのパイオニアです。
ロート製薬の化粧品の基礎研究は、医薬品の基礎研究と同じ場所で行われています。医薬品の厳しい開発基準を採用しており、使用する研究機材は医薬品開発レベルの最新式で、研究員たちも、みな医薬品の基礎研究のノウハウを持ったエキスパートばかりです。そして、そんな研究員たちが新たに取り組んだのが表皮細胞の糖化に関する研究だったようです。
ロート製薬には製薬会社として、糖化に関する研究を重ねてきた実績があり、信頼できるブランドです。このトリートメントクリアローションには、糖化研究を通して生まれた「AGディープクリアコンプレックス」という、オリジナル成分が配合されていて真皮と表皮の糖化にアプローチしてくれます。→ロート製薬の通販サイト!

 


抗糖化に関するおすすめ本