糖化で起こる肌・髪トラブル

 「シワとたるみ」 

肌を構成する組織のうちの70%はコラーゲン、つまりたんぱく質です。血液中に糖がたくさんあると、たんぱく質と結び付く「糖化」をおこしてしまいます。
この糖化によりできる老化物質である「終末糖化産物」=「AGE」が、コラーゲンを硬くさせてしまいます。
さらに過剰な糖は、どんどんたんぱく質をAGE化させていき、コラーゲンを壊しつづけます。そして、ますます肌にダメージを与えていくのです。
肌のぷりっとしたハリと弾力を支えているのは、真皮にあるコラーゲン線維とエラスチン繊維です。コラーゲン繊維は3本の糸をより合わせたようなつくりをしていて、繊維の方向に沿って引っ張る力に対して強い抵抗性を発揮します。コラーゲン繊維とともに真皮をつくり出しているのが、エラスチン繊維です。コラーゲン繊維のような強さはありませんが、弾力に富んでいるのが特徴です。
真皮はこの2つが網の目のようにうまく張り巡らされ、ちょうどベッドのスプリングのようになっています。しかし、糖がたんぱく質と反応してAGE化すると、繊維同士を結ぶ「架橋」にあたる組織が変形し、バネが効かなくなり、もろくなります。
健康的なコラーゲンには弾力がありますが、残念ながらAGE化すると、その弾力は失われてしまいます。
肌が全体的にたるみ、頬や口角が下がっていくのはこれが原因なのです。

「肌のしみ」についてはこちら

糖化を防ぐための注目コンテンツ

ロート製薬で糖化研究を通して生まれた化粧品
「エピステーム(episteme)トリートメントクリアローション」

ロート製薬会社の「エピステーム(episteme)」は、「糖化」に着目した、スキンケアブランドのパイオニアです。
ロート製薬の化粧品の基礎研究は、医薬品の基礎研究と同じ場所で行われています。医薬品の厳しい開発基準を採用しており、使用する研究機材は医薬品開発レベルの最新式で、研究員たちも、みな医薬品の基礎研究のノウハウを持ったエキスパートばかりです。そして、そんな研究員たちが新たに取り組んだのが表皮細胞の糖化に関する研究だったようです。
ロート製薬には製薬会社として、糖化に関する研究を重ねてきた実績があり、信頼できるブランドです。このトリートメントクリアローションには、糖化研究を通して生まれた「AGディープクリアコンプレックス」という、オリジナル成分が配合されていて真皮と表皮の糖化にアプローチしてくれます。→ロート製薬の通販サイト!


抗糖化に関するおすすめ本