AGE体内糖化度検査

「自分のカラダは、どのくらい糖化が進んでいるのだろうか」とそんな心配をされている方も多いと思います。しかしながら、現時点では、特殊な検査なしにAGEの値を正確に知ることはできません。その特殊な検査機器というのが、「AGEリーダー」。
AGEは紫外線の照射で自家蛍光を発する性質があることが分かっています。この性質を利用して、皮膚に紫外線をあてることにより、体に溜まっているAGE量を読み込もうというのが「AGEリーダー」と呼ばれる装置のしくみです。
片腕をAGEリーダーに乗せて3〜5分程度待つだけで、体内の糖化レベルが分かります。これだけで、年齢別の平均的なAGE量に比べ、自分の体のAGE量がどのくらい多いのか、少ないのかを判断し、「体内AGE年齢」として表示してくれます。
もしも実際の年齢より、体内AGE年齢が上だと測定されたらなら、今後さらに糖化対策をしてAGEを増やさない生活習慣を維持していく必要があると思います。そんな私もこの検査で、実際の年齢より、体内AGE年齢が上だったので、よりいっそう糖化対策に気をつけています。

まだまだ、「AGEリーダー」の普及は進んでいないようですが、インターネットで「糖化検査」「糖化度測定」「AGE測定」「AGEリーダー」などと検索すると、近くで検査が受けられるクリニックがみつかると思います。検査料はクリニックによってまちまちですが、1回あたり500円〜10000円ぐらいです。

ちなみに、私が「体内糖化度検査」を受けたときの内容を参考までに・・・。

 1回目 赤坂AAクリニックで検査したときのblogはこちら
(検査料 5000円 + 初診料 3000円)

 2回目 ファンケル銀座スクエアで検査したときのblogはこちら
(検査料 500円)

 3回目 ファンケル銀座スクエアで検査したときのblogはこちら
(検査料 500円)

 4回目 ファンケル銀座スクエアで検査したときのblogはこちら
(検査料 500円)

よもぎ茶やその他の抗糖化作用のあるお茶のおかげか、だんだんと数値が減っています。 そのよもぎ茶についてはこちら

 

 

「抗糖化のための食事法」についてはこちら


抗糖化に関するおすすめ本