成分表示に注意

 「果物に含まれるフルクトースに注意」 

果糖はフルクトースと呼ばれています。そして、フルクトース(果糖)はブドウ糖(グルコース)よりAGE化を起こしやすいのです。AGEはたんぱく質と糖の糖化反応と言われていますが、その場合の「糖」はほとんどがブドウ糖です。でも「糖」はブドウ糖だけではありません。いろいろな種類があって、たんぱく質を砂糖まみれにする糖化のスピードにもそれぞれ差があります。
果糖、つまり、フルクトースはそのスピードがもっとも早いのです。

もちろん、私たちが日常生活の中で食べる程度の果物なら問題はありませんが、しかし、現在、私たちはフルクトース(果糖)を極端にとる状況下に置かれつつあります。
清涼飲料水、炭酸飲料、お菓子、缶詰、各種加工食品など、生鮮食品でない、ありとあらゆる飲み物や食料の甘味づけに「フルクトースコーンシロップ」が使われています。納豆の「たれ」にまで使われているといいますから、とても広がっています。コーンシロップとは、トウモロコシ由来の甘味料のことです。 フルクトースの甘味は砂糖の1.7倍です。

人間の身体にとって、フルクトースの摂取は大きく2つの点で問題となります。
1つは、ブドウ糖(グルコース)より依存性が強いということです。どんどん欲しくなるという研究結果があるそうです。
2つめは、AGEをつくりやすい。ブドウ糖の10倍の速さでAGEをつくっていくので、AGEが10倍もたまりやすいという点です。

 「成分表示を見て食品を選びましょう」 

清涼飲料水にはフルクトースコーンシロップが使われていると言いましたが、ほかにも缶コーヒーやジュース、ドレッシング、また、美容に良いと思われる美容ドリンクにもフルクトースコーンシロップが使われていることが多いのが現状です。
なので、食品を買う時には、成分表示を良く見るようにしましょう。コーンシロップの表示があれば、フルクトースコーンシロップが使われています。また、JIS規格では、フルクトース含有率が50%未満のものを「ブドウ糖果糖液糖」、50〜90%未満のものを「果糖ブドウ糖液糖」、90%以上のものを「高果糖液糖」と呼んでいて、含有率が高いものを先に記すようになっており、AGEの観点からいうと、「高果糖液糖」は最悪です。

また、飲料水以外の食料品では、甘味という表示の中に、「果糖」あるいは「異性化糖」という名称があります。「異性化糖」とは、わかりにくい表現ですが、ブドウ糖を果糖に「転換した(異性化)」の意味となり、これらの表示の記載がある食品は、なるべく避けるようにしましょう。


「AGE体内糖化度検査」についてはこちら


抗糖化に関するおすすめ本