糖化はなぜ起きるのか

私たちは、食べ物から摂取した糖質をブドウ糖に分解し、それをエネルギー源として使って生きています。ちなみに、たんぱく質はアミノ酸、脂肪はグリセリンと脂肪酸に分解されます。
ブドウ糖への分解についてもう少し詳しく説明します。食べ物に含まれる糖質は、消化酵素により小腸でブドウ糖に分解され、血液に吸収されていきます。問題はこの後です。
血液にブドウ糖が送り込まれると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、細胞内への取り込みを促します。つまり、インスリンは、細胞にエネルギーを送る橋渡しの役割をしているのです。
さらに、インスリンは、ブドウ糖を細胞に入れることで、血液中のブドウ糖の量を減らし、一定に保つ働きも担っています。
ところが、血液中のブドウ糖の量が増えすぎると、インスリンが処理しきれなくなり、血液中の糖の量が増えすぎてしまいます。これが血糖値が上がった状態、高血糖です。

ブドウ糖はエネルギーとして細胞で使われる他に、「グリコーゲン」という形に変わって、肝臓や筋肉に貯蔵されます。ただし、貯蔵される量には限度があり、肝臓や筋肉での貯蔵が満タンになると、「脂肪細胞」に取り込まれます。こうして蓄積されたものが体脂肪です。
体脂肪とは、元をたどれば、貯蔵量を超えて摂取したブドウ糖の成れの果て、過剰に摂取したブドウ糖は、体脂肪に姿を変えて、体にどんどん蓄えられてしまうのです。

高血糖になり、インスリンが処理しきれなかった血液中のブドウ糖は、たんぱく質と結び付いて、AGEという悪玉物質を作り始めます。これが糖化です。このAGEこそが体内で老化現象を引き起こす原因物資なのです。

「糖化で起こる病気」についてはこちら


抗糖化に関するおすすめ本